2016年10月21日

【歯医者ブログ】京都で前歯を安いオールセラミックの差し歯にする

image

京都の歯医者さんでのオールセラミック利用で作る前歯の差し歯は、今までの常識を打ち破る安い費用なので、患者さんのお財布にも助かる歯科治療になります。

歯医者さんには公式ホームページがどこでもありますし、歯医者さんが情報発信をするブログ利用は、便利な情報キャッチになります。

費用が安いとどこか不安になるのが人間なので、京都のオールセラミックを安く提供している歯医者さんの、事前情報を得るためにも、ブログは読んでおいたほうが安心感が高くなります。

差し歯は費用が安いものを追い求めてしまいますと、後から泣く羽目になりがちです。

色が変わってしまうとか、歯茎が黒くなるなどの、思わぬハプニングに本人が弱り果てることになるのです。

だから本当は値段は高いものの、オールセラミックにして、見た目がすごくきれいな前歯にしたいものです。

ここで値段だけに左右をされるのは、あとからの後悔にもなりやすいです。

歯の治療をするのは前歯だとしたら、ほかの安い素材で作るのは考えものです。

いつまでも長く白くて綺麗な歯を求めるならば、オールセラミックにするのが正解です。

素材が高いから差し歯には考えてしまうという人もあるでしょうが、京都の歯科医院ならオールセラミックは安いです。

image

posted by コエキマル at 09:26| Comment(0) | 京都でオールセラミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

【京都】安い値段で前歯をオールセラミックで差し歯にする

Japan Dental Frontier.jpg
前歯を安い値段のオールセラミック差し歯にするならJDF



はじめまして、京都でオールセラミックの差し歯にするブログの管理人です。

私は生まれてからずっと京都に住んでおり、現在30代半ばでございます。

私は学生の頃に前歯の目立つ部分に差し歯を入れました。

当時は差し歯が気になって気になってしかたありませんでしたが、30歳を過ぎた頃。

オールセラミックというものの存在を知りました。

差し歯事情にはあまり詳しくないもので、昔から虫歯を治しにいっては歯医者さんの言うことを素直に聞いておりました。

前歯が差し歯になったときも、外見は著しく悪くなりましたがこれも前歯を虫歯にしてしまった自分のせいで、自業自得だと考えていました。

ところが差し歯の治療にはいくつかの種類があり、通常の保険が適用されるものとそうでないものがあるのだそう。

保険が適用されない場合、費用はかなり高額になるのですがその分外見も比べ物にならないほど美しくできるのです。

それが金属を使わず全てセラミックでできた差し歯、オールセラミックでした。

なんとなく存在は知っていたような気がするのですが、値段が高すぎてそんなもの私が手を出せるようなものではないと思っていたのですが、最近ではなんと1本の値段が5万円ほどまでに安い歯科があるのです。

昔からその値段は安いと言っても軽く10万円は超えるようなものだったと認識していました。

それがここまで安い値段で歯をセラミックにすることができるなんて、全く気付かずに生きてきました。

そしてとうとう私は前歯をオールセラミックの差し歯にしたわけですが、これがすごく品質の高いものでした。

その他の本物の歯と違いのないほど美しい外見、違和感のない噛み心地。

こんなに安い値段でセラミックの差し歯にできるのであればこれ以上いいことはありません。

京都には素晴らしい歯科がいくつもあるようですが、今回私は京都府内ではなく大阪にあるところに数回通いました。

なぜなら交通費を支払ってでもその歯科に行く価値があると感じたからです。

京都からであれば移動にかかる値段も知れていますし、なにより他よりも治療自体の値段が安いのが魅力でした。

なので今京都内で私と同じように前歯をオールセラミックの差し歯にしたいと考えている人がいればこちらをおすすめします。

最後に私がここを知るきっかけになったブログへリンクを貼らせていただきます。

【こんなに安い!?】歯をセラミックにする値段

posted by コエキマル at 17:27| Comment(0) | 京都でオールセラミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

審美歯科で行っている安いセラミックを利用した治療について

審美歯科ではブライダルのための矯正治療にセラミックを薦めています。

セラミックは歯科金属の諸問題を解決した加工しやすい歯科治療用の材料です。

ブライダルのための矯正治療は時間のない結婚式前に歯を矯正したい女性のための歯科治療ですが、時間がないこともあり、また、見た目的にきれいで違和感のない矯正が必要でもあるので審美歯科では新材料であるセラミックを薦めています。

歯科治療の新材料としてのセラミックの利点はいくつかあります。

1つ目は溶けないことです。
歯科金属は長年使われていますが、歯科金属として利用されているニッケル、銀合金、金合金、バラジウムなどは食生活によっては溶け出すことがあることが分かっています。

溶けた歯科金属はさまざまな問題を引き起こすことが分かっています。

溶けた歯科金属は溶けると接着面の歯との間に隙間を作ってしまうことがあります。

隙間には歯磨きやデンタルフロスでは届かないこともあり、虫歯になりやすいと言われています。

また、虫歯になっても気づくのが遅れることが多く、発見時には大事になっていることが多いようです。

また、溶けた歯科金属は黒色っぽい液体となることが多く、歯茎や口内に着色してしまうことがあります。

歯科金属の代替として開発されたセラミックなどの新材料は歯科金属の問題を解決してくれます。

審美歯科でもセラミックの利用を薦めていますが、価格の面で安い歯科金属に比べてセラミックの歯の価格は高額になりやすい問題があります。

審美歯科では安い新材料の策定も進めていますが、同時にデンタルローンを用意して、治療費の分割払いに対応しています。

また、新材料を使う際に元の歯をもろくしてしまうことがないように、元の歯を削る量を極力減らし、また、元の歯の神経は抜かないようにしています。

新材料の寿命は長いので、元の歯も健康で長く使えるように治療をしています。

さまざまな新材料が日々開発されていますが、審美歯科では調査研究を続けて、患者さんのきれいな歯のために努力を続けています。

オールセラミック治療はインプラントなどよりも安い価格で行えることから、審美歯科での治療のスタンダードになりつつあります。
posted by コエキマル at 23:00| Comment(0) | 京都でオールセラミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。